北海道弁講座

 

だはんこく『わがままを言う』『だだをこねる』の意
ちょす;ちょーす『さわる』『いじる』の意
つっぺかる『栓をする』の意。つっぺ=栓
例:鼻血が出たので、鼻につっぺかっとく
てっくりかえる『ひっくり返る』『転ぶ』の意
〜でないかい『〜じゃないかな』の意
手袋をはく手袋を『はめる』『つける』の意。
とうきび『とうもろこし』のこと。
ドンパ『同い年』の意
とんしゃタクシー
内地『本州』の意
開拓のために移民してきたなごりだろう。
なして『なんで』『どうして』の意
なすび『茄子』のこと
なまら『とても』『すごく』の意
例:なまらデカい
なんも『いいよ』『気にしないで』の意
「なんも」は、「何も」がなまったものだろう。
ぬかる『埋まる』の意
例:雪が深くて、足がぬかる。
〜ば『〜を』の意
例:頭ば、そんなにたたくんじゃねぇ!
ばくる『交換する』の意
例:これ、ばくりっこしよう!
はんかくさい『バカ』『アホ』の意
人を罵倒するというよりも
叱ったり、照れ隠しなどに使う。
只バカアホというのと違い、親しみも込められている。(と思う
ぶす色打撲などで出来た青あざの色
〜べさ;〜だべさ『〜だよ』『〜だろう』の意
例:それは虫だべさ
ぼっこ『棒』の意
なんでも棒状の物はぼっこ